TOP>RECRUIT> PEOPLE - Ushimaru

自分が満足して
いないものに
人は満足
しない

そんな気持ちで
常に力を出し切りたい

WEB事業部
事業戦略マネージャー ディレクター
Soichiro Ushimaru
牛丸聡一郎 2012年 入社
SCROLL

クライアントの要望が高ければ高いほど燃える

「私たちの役割はクライアントの要望に応えてそれを形にしていくことだと思っています。ユニゾンベックスの制作物のデザインでもユーザビリティでも、自分が絶対いいと思えるものでクライアントやユーザーを満足させたいんです」

― 牛丸聡一朗はWEB事業部のディレクターとして、広告キャンペーンサイトをはじめ、大手事業会社のメディア開発運営やゼロイチのサービス開発まで様々なプロジェクトでのディレクション経験を持つベテラン社員だ。

「クライアントの要望を形にするために仕様検討から提案、制作物の進行管理までどうすればそれを実現できるのかを考えるのが私の仕事です。「こういうものを作りたい」という要望に対して、その難易度が高ければ高いほど燃えますし、こういうUIなら実現できるかな?とか色々考えて試行錯誤しながらそれを達成して、クライアントやユーザーの市場にしっかりと届けることができた時は本当に嬉しいですね」

― 牛丸のクリエイティブに向かう真摯なスタンスの原点はどこにあるのだろうか?

「新卒で飲食店を扱うフリーマガジンの広告営業をやっていました。来店促進のクーポン企画や原稿の制作など自分でクリエイティブに関わる機会も多く、その反響が出せると嬉しい反面、充分な送客効果や反響を出せずに、出稿してくれた店舗さんに対してお金を使ってもらったことへの最大効果を返せなかったと悔しい思いをすることもありました。だからこそ妥協せずに限られたスケジュールの中で最大限良いと思えるものを提供する。自分が満足していないものに人は満足しないだろう、という気持ちで常に自分の力を出し切りたいですね」

当たり前のことを当たり前にやる難しさ

― ゼロイチでクライアントと二人三脚でプロダクト開発に当たることも多いという牛丸。
彼がディレクション業務で迷いや悩みを持つことは無いのだろうか?

「会社のビジョンに”MORE USEFUL”というのメッセージがあるのですが、サービスやプロダクトに携わる人間として使いやすくするなんて当たり前のことですよね。でも当たり前のことを当たり前にやる難しさがものつくりにはあると思っていて、正解がないのでよく悩vみますよ。でも、そういう時はクライアントのニーズに立ち返って、クライアントが見ている市場を調べ直したり、その先のユーザーがどんな気持ちで使うのかを想像したりとクライアントの課題を何度も見つめ直すようにしています」

― そんな牛丸に現在の目標を語ってもらった。

「ユニゾンベックスが好きだから、この会社をもっと成長させたいと思っています。少数精鋭であっても、それは会社としての売上かも知れないし、クライアントを通じて生み出すサービスの規模の大きさだったり、自己の成長だったり色々あると思います。仕事の内容もどんどんハードルが高くしていくことがさらなる達成感や喜びを得る手段かなと。目標や数字をしっかり持つこと、それが直結していると思っています」

SCHEDULE

10:00
出社・メールチェック
当日のToDo、案件の期限を確認し、
作業に取り掛かります
12:00
クライアントとのやり取り
取引先とメールや電話にて協議しながら制作物
の仕様を詰めていきます。決定した内容をチーム
メンバーと擦り合わせ。
13:00
仕様書作成
制作物の仕様内容をまとめた資料づくり。
ワイヤーフレームでサービスの完成イメージを
設計します。
15:00
昼休憩
昼寝 or 趣味 or 社内スタッフとランチ or
一人でカフェ
16:00
提案資料作成
担当しているクライアントへの提案書を作成。
課題解決のための施策を検討し、
資料へ落とし込みます。
17:00
社内MTG
ディレクター陣で抱えている案件の進捗を
報告し、リソース状況を共有します。
メールで報告します。
20:00
退社
ジムに行こうと試みるも、結局飲みに行きます。
※掲載情報は取材当時の情報です。

OTHERS PEOPLE

OTHERS PEOPLE
エントリーはこちらから ENTRY